運営会社

会社概要

運営会社 有限会社アン・インターナショナル
所在地 東京都荒川区東日暮里6丁目1番地1号-3002
代表者 加藤陽子
設立 平成8年8月
運営教室 ・放課後等デイサービスあんプラス
・あん学習支援塾(民間塾)

 

 

代表からのメッセージ

 

代表:加藤代表の加藤です。

 

発達障害の娘1人(ADHD,アスペルガー複合型・LD)カウンセラー資格ありのシングルマザーです。

 

私の娘は小学校在籍時に普通級に在籍していました。学校の勉強や宿題は私が付きっきりで見てきましたが、学年が上がるごとに勉強が難しくなっていき、宿題をやる事だけで精一杯になっていきました。私と娘は、喧嘩も増えていった事もあり、学校の補習と宿題をやらせる為に「発達障害を受け入れます。」と謳っている大手の個別指導塾に入れました。

そこでは、学校の宿題はやってはくるものの、20問ある計算ドリルなら、はじめの2〜3問はやってあるのですが、残りのほとんどの問題は、答えを写しただけだと思われました。

これでは、本人の負担が増えていくだけだと思い、半年ほどで転塾しました。

 

そして次に行った塾は、個人の個別指導塾でした。はじめに「障害について」の話をした所「今まで、成績の悪いお子さんも沢山お預かりしてきました。個別指導なので、丁寧に教えていきます。」という返事を頂きました。そして5ケ月ほどたって、塾から手紙をもらいました。

そこには、席に座っていられない、すぐ泣きだしてしまう、大声で叫び始める、気に入らないと物を投げる、あいさつが出来ない、「うざい」しか言わない・・・・などなので家庭できっちり言い聞かせて下さい。 という事でした。

結局、その塾も退塾しました。

 

障害をよく理解していない塾に娘を通わせて、かけなくてもいいストレスをかけてしまい、負担をかけてしまった事を反省し、後悔しました。

 

普段の学校生活においては、「人に迷惑をかけていないか?」「友達と揉めていないか?」と毎日の様にハラハラしていました。

実際、問題行動も多く、「ちゃんとお子さんを見て下さい。○○ちゃんみたいな子がクラスにいると迷惑なんです。」と言われた事もたくさんありました。私自身1人で悩んできた時期もあります。

 

今は、娘も小学校を卒業しました。

まだまだ問題行動も多いですが、親として謝る場面が減ってきました。同じ様な思いや悩みを抱えている保護者の方が多いと思います。

 

あんインターナショナル

「あん学習支援塾」の名前の由来は、

ひらがなは “あ” から始まり “ん” で終わります。

1つの文字も必要としない物はありません。

1人ひとり、みんな大事なんだよ!みんな必要なんだよ!

という意味を込めてつけました。

少し生きづらさを持った子ども達が、みんな楽しく、安心して学べる場所・保護者の方の気持ちに寄り添える場所としてやっていきます。

▲ページTOP